/변리사칼럼
변리사칼럼 2017-10-27T11:37:36+00:00

변리사칼럼


韓?の迅速(ハイウェ?)審判制度について紹介してみようかします。 特許迅速審判、今3ヶ月ぶりに?理する! - 今年11月1日から特許迅速審判?理期間を短縮し、その?象を?大することに -   特許?(?長チェドンギュ)は、審判の結果が特許紛?の?質的な解決手段として、タイムリ?に活用できるように迅速審判プロセスを新たに設計して、11月1日から制度施行に入る明らかにした。   新たに設計された迅速審判のプロセスによると、1回ずつの書面による攻防の後なるべく口頭審理を介してケ?スの?点を早期に整理することになっ早ければ3カ月以?に審決文を受けて見ることができる。また、書類提出の延長申請も1回に制限して、?事者が書類の提出を?延しても、4ヶ月で審判を終了することができるようになる。   これは、審判請求日から5ヶ月ほどかかっていた迅速審判?理期間を最大2ヶ月程度早める措置として、主要?に比べてはるかに高速な期間?に特許紛?が事?上一段落されることを意味する。   審判?理期間の短縮と?行して、今回迅速審判?象範?も?大され、まず裁判所??察などの侵害紛?で?っている事件に?連するすべての審判を迅速審判?象に統合することにより、侵害紛?手?において、特許審判院の審判結果が?質的に活用できるようにした。   また、創業初期段階の中小企業、1人の作成企業と大企業と紛?中の中小企業が?事者である審判も迅速審判?象に追加することにより、紛?の長期化により、中小企業が着る被害が相?部分減少することが期待される。   シンジンギュン特許審判院長は、「侵害紛?に係留された事件とスタ?トアップ(Start-up)中小企業事件など早急な紛?解決が必要な審判を最優先的に迅速に?理することにより、企業??の安定性と?究開?投資の?率性が高まるなどの?競?力が?化されるものと見られる。」と述べた。また、「今後の特許紛?の迅速?正確な解決のために、?民の目線で必要な制度の改善を???掘???していくだろう。」と述べた。
관리자 2017.01.18 조회 1271
관리자 2017.01.17 조회 68446
私たちの法律事務所は、弁理士と、弁護士が一緒に構成されており、これにより、商標登録の業務だけでなく、商標権侵害と不正競争行為にも効率的に業務を遂行することができます。    商標法に違反して他人の商標権を侵害した場合には、刑事的処罰を受けることができます。もちろん、民事的な損害賠償も当然れるようになる可能性があります。商標法と同様に、登録された商標の権利はありませんが、不正な競争をしている場合には、不正競争防止法が適用される場合があります。 商標法に違反したり、不正競争防止法に違反した場合、刑事的処罰における量刑は事案ごとに異なっています。最も重要なのが、被害者の被害程度であるようで、加害者が過去にも同様の事案で処罰されたキャリアがあるかどうかも重要な考慮要素となるでしょう。 最高裁判所の基準表によると、商標法や不正競争防止法に違反する場合、約1年6ヶ月の懲役に処罰すること定め、その行為の太陽に基づいて10ヶ月前後で減量したり、2年以上の処罰を増やすこともあります。もちろん、すべての商標法違反、不正競争防止法違反の事例が、そのようなことだけはありません。罪が軽いと考えている場合には、罰金や執行猶予程度で終わる場合も多くあります。   例えば、中国で偽物製品を数億ウォン分輸入し、企業型で販売して摘発された場合には、実刑を免れ容易ではない可能性があります。一方、自分も先登録商標の存在を知らずに数千万ウォン程度の類似ブランド商品を販売している途中に問題がされた場合には、罰金に処することができます。
관리자 2017.01.16 조회 1135
관리자 2017.01.13 조회 1088
안녕하세요. 특허사무소 소담 여인재 변리사입니다. 한국상표법에서는, 제119조에 등록된 상표를 취소시킬 수 있는 규정이 있으며, 그중에서 불사용취소심판이 있습니다. 불사용취소심판은 상표등록 후 3년 동안 상표를 사용하지 않으면, 이해관계가 있는 자가 불사용취소심판을 청구할 수 있고, 해당 상표를 취소시킴으로써, 자신이 그 상표와 동일하거나 유사한 상표를 등록받을 수 있는 제도입니다. 상표법 규정 제119조(상표등록의 취소심판) ① 등록상표가 다음 각 호의 어느 하나에 해당하는 경우에는 그 상표등록의 취소심판을 청구할 수 있다.     1. 상표권자가 고의로 지정상품에 등록상표와 유사한 상표를 사용하거나 지정상품과 유사한 상품에 등록상표 또는 이와 유사한 상표를 사용함으로써 수요자에게 상품의 품질을 오인하게 하거나 타인의 업무와 관련된 상품과 혼동을 불러일으키게 한 경우   2. 전용사용권자 또는 통상사용권자가 지정상품 또는 이와 유사한 상품에 등록상표 또는 이와 유사한 상표를 사용함으로써 수요자에게 상품의 품질을 오인하게 하거나 타인의 업무와 관련된 상품과의 혼동을 불러일으키게 한 경우. 다만, 상표권자가 상당한 주의를 한 경우는 제외한다.   3. 상표권자·전용사용권자 또는 통상사용권자 중 어느 누구도 정당한 이유 없이 등록상표를 그 지정상품에 대하여 취소심판청구일 전 계속하여 3년 이상 국내에서 사용하고 있지 아니한 경우  
관리자 2017.01.13 조회 1117
관리자 2017.01.13 조회 1255
概要 商標は商標法の下で韓国で保護されています。 そのような保護のために、商標は韓国知的所有権庁(KIPO)に登録されるべきである。   商標の使用は、商標の登録申請の前提条件ではありません。 商標法は未登録の商標を保護していませんが、同一または類似の商標の登録を制限することにより、有名または有名な商標の保護を行います。   商標法の下で有名で有名な未登録の商標を侵害する措置はありませんが、不公正競争防止法の下で訴訟を起こす可能性があります。   韓国の商標法は、 i)ファーストツーファイルルール。   ii)実質的な検査。   iii) 審判       1)出願人 韓国において商標を使用する者または使用する意思がある者は、商標の登録出願をすることができる。韓国商標法は登録制度を採用していますが、出願人は韓国でその商標を使用する意思を表明する必要があります。それにもかかわらず、使用されていない商標も登録する必要があります。ただし、商標登録後3年以上連続して使用されない場合、その商標は取り消されます。   (2)必要な書類 商標出願のためには、以下の書類をKIPOに提出する必要があります。 (a)申請者の氏名及び住所(申請者が法人である場合は執行役の氏名を含む。)商標;指定された商品およびそのクラス。提出日。優先権が主張されている場合は、優先出願の国と出願日。 (b)商標の標本(8cm×8cm以下)。 (c)優先権が主張されている場合は優先権書類。と (d)必要に応じて、委任状。 商標出願の出願時には、文書(a)のみを提出する必要があります。申請者の執行役員の氏名は、後に申請者自身の 自発的に追加するか、またはKIPOから発行された修正通知に応じて追加することができます。 出願人が商標出願の出願時に商標の標章又は委任状を提出しなかった場合は、出願人に所定の期限を定めて補正通知を発する。優先権書類は、韓国における商標出願の出願日から3月以内に提出しなければならない。この時間制限は延長できません。     (3)商品の指定:ニースの分類 商標出願を希望する者は、標章の登録の目的のためのニース分類品目またはサービスにしたがって、商標が使用される商品/サービスを指定しなければならない。韓国は1998年3月1日にニース分類を採択した。   ニース分類に従っていくつかのクラスに属する商品の商標の登録のための商標出願を提出することができます。この場合、申請者は各分類ごとに追加料金を支払う必要があります。     (4)優先権の主張   優先権は、原産国がパリ条約の一部であるか、または2つの関連する政府間の相互協定に基づき、または相互に基づいて、出願人の商標出願で請求することができる。優先権を享受するには、優先出願の日から6ヶ月以内に韓国に出願することが望ましい。優先権書類は、出願日から3ヶ月以内に、特許庁に提出しなければならない。   実質審査 (1)審査の開始 特許または実用新案の出願とは異なり、商標出願は出願日順に自動的に審査されます。 ただし、商標法第53条第2項の規定に基づき、特許庁長官は一定の要件を満たす商標出願を優先することができる。 商標出願の審査は、一般に、出願日から約5ヶ月を要する。     (2)登録要件 商標法の下で登録される商標については、以下の要件を満たす必要があります。 (a)商標法に規定される商標の定義に該当するものであること。 (b)商品の表示として機能するように、またはそれが本質的に独特でない場合には、それは二次的意味を獲得しているはずである。 (c)商標法に規定されているように登録することができない商標のカテゴリーに該当してはならない。         特許事務所 ソウダンの弁理士/弁護士は、 十数年間韓国大企業(エルジ電子、エルジイノテック、エルジディスプレイー、エルジシルトロン、どんブハイテック等)の事件だけではなく、海外事件に関する豊かな経験も持っているので、クライアントのニーズに応じて最善の対応策を提示できる力量を誇ります。 特に、エルジ電子の子会社で行った化学物質、材料加工分野の特許出願/審判/訴訟/諮問等多様な経験を持っています。   具体的に、特許事務所ソダンの弁理士/弁護士は、 エルジ電子とエルジイノテックの日本出願と訴訟担当チーム長を担当した経験があります。 エルジ電子の優秀代理人に選定されたこともあり、エルジ電子とエルジイノテックの日本特許及び訴訟戦略のために東京で勤務した経験、エルジイノテックの日本研究所に訪問して発明者との発明ミーチング/日本語の明細書を作成した経験があるので、日本担当者とのコミュニケーションが可能であります。 日本Incoming事件を担当した経験があります。 日本長期出張/研修の後、Incoming事件の出願/審判を扱った経験があります。   日本の中小企業の多様な技術を担当して直接明細書を作成し、審判を行った経験も多いです。ハンミル事務所では3年間日本Incomingチーム長として勤務しました。
관리자 2017.01.13 조회 1296
このカラムをご覧になった方は日本の企業さんと日本の特許事務所の方だと思われます。   韓国の商標法によると、基本的な法規定は日本の商標法と似ています。   簡単に、韓国での不使用取消審判についてお伝えいたします。   不使用取消審判は、使用していないことを理由に、競合するような他人の商標登録を取り消す手続です。商標調査の結果や出願の審査段階で、欲しいと思う商標に競合する他人の商標があったときでは、不使用を理由とする取消審判を請求することで、その競合する他人の商標を取り除くことが可能です。   韓国の商標法には不使用取消審判にていて下のように規定されています。 第119条(商標登録の取消しの審判)①登録商標は、次の各号のいずれかに該当する場合には、その商標登録の取消審判を請求することができる。 1.商標権者が故意に指定商品に登録商標と類似する商標を使用したり、指定商品と類似したアイテムに登録商標又はこれと類似の商標を使用することにより、需要者に商品の品質を誤認させ、又は他人の業務に係る商品と混同を呼んで生じさせた場合 2.専用使用権者又は通常使用権者が指定商品又は類似の商品に登録商標又はこれと類似の商標を使用することにより、需要者に商品の品質を誤認させ、又は他人の業務に係る商品との混同を呼んで生じさせた場合。ただし、商標権者が相当の注意をした場合は除く。 3.商標権者・専用使用権者又は通常使用権者の誰もが正当な理由なく登録商標をその指定商品について取消審判請求日前継続して3年以上国内で使用していない場合 4.第93条第1項後段、同条第2項及び同条第4項から第7項までの規定に違反した場合 5.商標権の移転に類似した商標は、それぞれ別の商標権者に属するされ、その中で1人が自分の登録商標の指定商品と同一・類似の商品に不正競争の目的で、自己の登録商標を使用することにより、需要者に商品の品質を誤認させ、又は他人の業務に係る商品と混同を呼んで生じさせた場合 6.第92条第2項に該当する商標が登録されている場合に、その商標に関する権利を有する者が当該商標登録の日から5年以内に取消審判を請求した場合 7.団体標章と関連して、次の各目のいずれかに該当する場合、 が。所属団体員がその団体の定款に違反して団体標章を他人に使用させた場合や所属団体員がその団体の定款に違反して団体標章を使用することにより、需要者に商品の品質や地理的出所を誤認させたり、他人の業務に関連する商品と混同を呼んで生じさせた場合。ただし、団体標章権者が所属団体員の監督に相当の注意をした場合は除く。 私。団体標章の設定登録後、第36条第3項の規定による定款を変更すること、需要者に商品の品質を誤認させ、又は他人の業務に係る商品と混同を呼び起こすおそれがある場合 である。第3者が団体標章を使用して需要者に商品の品質や地理的出所を誤認させ、又は他人の業務に係る商品と混同を呼び起こすしたにもかかわらず団体標章権者が故意に適切な措置をしなかった場合、 8.地理的表示団体標章と関連して、次の各目のいずれかに該当する場合、 が。地理的表示団体標章登録出願の場合には、所属団体員の登録について、定款によって団体の登録を禁止したり、定款に適合することは困難加入条件を規定するなど、団体の登録を実質的に許可していないか、その地理的表示を使用することができない者に団体の加入を許可している場合 私。地理的表示団体標章権者やその所属団体員が第223条に違反して団体標章を使用することにより、需要者に商品の品質を誤認させ、又は地理的出所の混同を呼んで生じさせた場合 9.証明標章と関連して、次の各目のいずれかに該当する場合、 が。証明標章権者が第36条第4項の規定により提出された定款又は規約に違反して証明標章の使用を許諾した場合、 私。証明標章権者が第3条第3項ただし書に違反して証明標章を自己の商品について使用している場合、 である。証明標章の使用許諾を受けた者が定款又は規約に違反して他人に使用された場合、または使用を許された者が定款又は規約に違反して証明標章を使用することにより、需要者に商品の品質、原産地、生産方法やその他特性について混乱を呼んで生じさせた場合。ただし、証明標章権者が使用を許された者の監督に相当の注意をした場合は除く。 と。証明標章権者が証明標章の使用許諾を受けていない第3者が証明標章を使用して需要者に商品の品質、原産地、生産方法やその他商品の特性に関する混乱を呼び起こすしたことを知りながら、適切な措置をしなかった場合 マ。証明標章権者がその証明標章を使用することができている者に対し、正当な事由なく、定款又は規約で使用を許諾していないか、定款又は規約に満たすことは困難使用条件を規定するなど、実質的に使用を許諾していない場合、 最近、韓国の特許審判院では、インターネット上でのブランドを広告する行為に対して、より積極的に商標の使用を認めている傾向があります。 しかし、特許審判院と特許法院の判決内容を見ると、税金計算書とプライベート契約に商標が使用される場合には、商標の使用で見ない、偽・変造が可能である理由のために私的な契約での使用は、不使用に扱う傾向があります。 当特許事務所ソダムは、弁理士出身の弁護士と、大企業の訴訟経験がある弁理士で構成されて侵害訴訟、審判事件を多く扱っており、その誰よりも誠実に業務を見ていると自負します。  
관리자 2017.01.12 조회 1247